【バイク盗難】バイクの窃盗犯つかまえた。②(犯人を自力逮捕)

baikutounan005
バイクの窃盗犯を追跡する。

家から10キロほど離れた場所の山をどうやら走行しているようです。警察に一報いれようかと思いましたが先ほどの警官の対応を思い出し、ある程度の場所と犯人を特定して他の警察に連絡を入れることにしました。

場所を表示するためのノートパソコン、車体番号を確認する為の書類、デジカメを車に詰め込み出発しました。デジカメは暗闇で犯人を撮影する必要がでてくるかもしれないのであえてスマホのカメラではなくデジカメにしました。途中で何度か確認しましたがどうやら山道を上がったり下がったりして遊んでいるようです。時間は深夜2時。友達を応援に呼ぼうと思いましたが、あまりに非常識な時間だったのと体中に怒りがまわり心が無敵状態だったのでそのまま直行しました。

すぐに現場近くについたのですが、どうやら中学生か高校生のようなヤンキーが3人程度いるようです。順番に盗んだApeに乗り山道を1周づつ交代しているようです。とりあえず茶髪のガキ一人(ガキA)がApeに乗り山道を下り始めました。すぐにどうこうするつもりはなかったのですがゆっくりと後を追っていくことにしました。Apeは50キロぐらいで走行していたと思いますが後ろから来る私の車に気づき、こっちの進路を妨害するようにローリングを始めました。まぁバイクを盗んで気が大きくなり、また自分のバイクじゃないからなにをしても大丈夫というつもりだったんだと思います。大きくローリングをするエイプを後ろから眺めながらデジカメで窃盗犯を写そうとした時にApeがこけました。とりあえず目の前でこけてたのとチャンスという思いで車を降りてこけたガキAのところに駆け寄りましたが、ひざと手を激しく擦りむき血まみれでしたが大怪我や命の危険はなさそうな感じでした。

こけて倒れたApeを起こしているそぶりをしながら。自分のバイクだということを確認しましたナンバーは外されていましたがタンクの傷など明らかに自分のものだと確信しました。

「大丈夫か?」

とこえをかけてやると半泣きになりながら「たぶん、だけど足が痛い」というので

「家がそんなに遠くないなら家まで送ってやろうか?バイクも後ろに積んでやるよ」

というと「いいんですか?」と言いやがった。心の中で

「ラッキー これでこいつの家も分かるし親に弁償させてやるぜ!」

と踊りたくなる気分だった。ガキAが山の上にいるヤンキーに連絡している間にApeを車の荷台に乗せるときに気づいたのだが、鍵を壊して直結して乗ってやがった!怒りを抑えながらどこへいったらいいかと聞くと我が家から車で10分程度のところだった。同じ町内なら後のことを考えて無茶は出来ないがそこまで離れているなら正々堂々地獄を見せてやるぜ!とテンションが上がってきた。ここからの分岐点は2つだ

①このまま警官のいる交番を見つけたら横付けをして突き出す。

②自宅へ送り、自宅を確認した後で警察へ突き出す。

①の場合は18歳未満ということで相手先も教えてもらえず泣き寝入りの可能性もある。となれば②番か?2番の場合も警察に話を通しておかないとややこしいことになるかもしれない。

結果。警察へ一報いれて自宅へ行ってそこから警察に事情を話すという方向性でいくことにした。どこで警察に一報いれるかだがごく自然なほうがいい。

「ちょっと出血がはげしいからコンビニで包帯と消毒液買うぞ!バイキンが入って化膿すると大変だから。」

といいコンビニに寄り消毒液を買うことになった。包帯と消毒液をだしてやりながらこのあたりは道がぜんぜん分からんからどこへいけばいいかを聞きながら、ナビに電話を入れると案内が出るからそうしてくれというと○○ー○○○と答えやがった。実はナビに電話番号を入れると個人宅の場合は苗字をいれないと検索が出ない。苗字を聞くと○○○というのでいれてみると案内が出た!

こいつの個人情報ゲット!

そいつが包帯を巻いてる間に、友達から電話がかかったふりをして少し大きめの警察に連絡をして事情を簡単に話しこれから行く家の近くで待機してくれることになった。この際、細かく細かく聞かれうんざりとしてきたが最低限のことだけを話しなんとか納得してもらった。

ガキの自宅の前へ着いてヘッドライトの電気をきったぐらいに

「どうされましたか?」

と二人組みの警察官が近づいてきた。明らかにガキAはおどおどとしていたが、

「こいつがバイク泥棒の犯人です。」

baikutounan002

と俺がいうとガキAはこっちを見たまま完全に時間が停止したような顔で固まっていた。ガキAはパトカーに連れて行かれて警察官に事情を聞かれていた。俺のほうは事情の説明とバイクが自分のものであるという証明を行っていましたが1時間ほど話した後で俺のほうだけ交番に行き実際のバイクを見ながら破損箇所などの確認と被害届のようなものを書くことになった。

その間に警察はガキAから詳細を聞いて事件の全容をまとめたようだが、ガキA、ガキB、ガキCでお互いに責任のなすりつけを行ったようだ。どちらにしてもこっちは盗まれたバイクの弁償などの含めて話をしたいと伝えたが年令の関係で相手先の情報は教えられないということだった。

「やっぱりか!」

とりあえず相手の自宅は分かっているのでこちらから交渉するということを伝えましたが、警察からは教えられないということだけで、そのあたりは自由にしてくれということだった。そこで合点がいかないのが、窃盗犯の親についても教えてくれないそうです。なのでガキB、ガキCについてはノー情報です。子供の責任は問えないというのなら保護者に責任を問うべきだしと思っていましたが、刑事事件と民事事件は別物で考えないといけないようです。バイクの破損に関しては親に監督責任があったということで親に対して弁償を求める必要があります。親の苗字と電話番号を教えてもらってこちらから連絡して話をするか、こちらから連絡先を伝えてもらって連絡を待つということになるそうです。住所も名前も教えてもらえません。先方が連絡も無視した場合はどうなるのかが不安です。交渉をする上でも今回の窃盗事件の詳細がわかったら教えてくださいと警察にお願いをしてその日は終わりました。

関連記事

バイクの窃盗犯つかまえた。①(盗難事件発生)

バイクの窃盗犯つかまえた。②(犯人を自力逮捕)

バイクの窃盗犯つかまえた。③(弁償する気はないらしい。)

バイクの窃盗犯つかまえた。④(社会的制裁を決意した。)

バイクの窃盗犯つかまえた。⑤(学校との話し合い)

バイクの窃盗犯つかまえた。⑥(弁護士?)

バイクの窃盗犯つかまえた。⑦(もう遅い!)

バイクの窃盗犯つかまえた。⑧(ふざけるな!!!)

バイクの窃盗犯つかまえた。⑨(これで終わらせよう。)





↓にほんブログ村に参加中です。楽しんでいただけたらポチっとクリックをお願いします♪ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ SIMフリー端末・その他キャリアへ
にほんブログ村

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

2 × three =