【バイク盗難】バイクの窃盗犯つかまえた。⑥(弁護士?)

朝、10時くらいに一本の電話がかかってきた。

baikutounan009
「田○弁護士事務所の田○です。あんたに話が合って電話をした。」

「ええっ!」とめちゃくちゃびびったがとりあえず、静かなとことにいくからと移動するフリをしながらスマホの録音アプリを立ち上げた。

「どういったご用件でしょうか?」

「あんたが勝手に言ってるバイクの窃盗事件で○○さんが迷惑をして損害賠償を言ってきている。いまならまだ間に合うから警察と学校に言って全部を取り消してくれるなら損害賠償は取り消すという話だ!」

あまりにも突然かつ馬鹿馬鹿しい話だ。こんなことはありえない!少し考えて

「わかりました。検討したいのでもう一度お名前をよろしいですか?」

「井○事務所の井○だ」

井○弁護士ですね。

「そうだ!」    名前を間違っているよあんた(笑)

「一度確認をしたいのですが電話番号はこの携帯でよろしいですか?」

「電話番号?そんなもんは言ってないぞ?」

「携帯に表示されているんですが 090の・・・・」

しばらく無言だった。「念の為、弁護士登録番号も教えてもらえますか?」

「わしゃ そんなもんには登録せんことにしとる。」

偽者確定・・・ 馬鹿だ・・・

「とりあえず話を聞いてもらいたいのですが、話の途中で電話を切ると後悔しますよ」

「なんだ」

「弁護士を騙った場合、弁護士法違反、話の内容によっては詐欺罪が成立する可能性がありますと。そしてこの通話は録音させてもらっています。」

「・・・・」

「そして電話番号は分かっているので警察に被害届なり相談をすれば、あなたまでたどり着きます。」

「・・・・・ わしは弁護士なんか言っとらん」

「録音させてもらっているので、この電話を切って警察にいってもかまいませんよ。誰に頼まれたんですか?」

「わしは○○の身内(ガキBの関係者)なんじゃが、あんたが難癖つけるせいで子供が困っとるから弁護士のふりをして脅してくれと頼まれた。」

「このまま警察にいってもいいですが、こっちに来てくれたら話し次第で考えます。」

60分後にファミレスで会うことにした。ここから先は簡単に書くが、録音音声を聞かせて書面に自分が誰なのか?誰に何を頼まれたか?自分が何をしたかを書かせて人差し指の指紋を押してもらって身分証のコピーをとった。事が穏便に済めば警察への提出はやめるが、今後こういったことを起こして工作する場合はすべてを明るみに出して警察に提出するということを頼んだやつに伝えるということになった。

簡単に書いたが、会話の内容はここまで簡潔ではなくて、ここにいたるまで夜の20時までかかっています。こんなことで休みを潰され、さらに怒りの炎は増していくこの状況。最悪です。すべてが終わった後は、実名で書いてやりたいぐらいです。

関連記事

バイクの窃盗犯つかまえた。①(盗難事件発生)

バイクの窃盗犯つかまえた。②(犯人を自力逮捕)

バイクの窃盗犯つかまえた。③(弁償する気はないらしい。)

バイクの窃盗犯つかまえた。④(社会的制裁を決意した。)

バイクの窃盗犯つかまえた。⑤(学校との話し合い)

バイクの窃盗犯つかまえた。⑥(弁護士?)

バイクの窃盗犯つかまえた。⑦(もう遅い!)

バイクの窃盗犯つかまえた。⑧(ふざけるな!!!)

バイクの窃盗犯つかまえた。⑨(これで終わらせよう。)





↓にほんブログ村に参加中です。楽しんでいただけたらポチっとクリックをお願いします♪ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ SIMフリー端末・その他キャリアへ
にほんブログ村

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

sixteen + four =