世界最小スマホ Micro X S240レビュー

microsx240001

XperiaMiniのさらに半分程度の端末が出ました。XperiaMiniよりサイズが小さいのに    デュアルコア、ストレージ領域が4ギガとスペックは上位になっています。またファイルシステムが最初からARTが導入ということもありサクサクと動いています。

Micro X S240の主なスペック。

OS Android 4.4 KitKat
ディスプレイ 2.4インチ FWQVGA(432×240)液晶ディスプレイ
SoC MediaTek 1.0GHz駆動 32-bit デュアルコア MT6572M
RAM 512MB
ストレージ 4GB
メインカメラ 約200万画素
フロントカメラ 約30万画素
ネットワーク 2G / 3G / 4G HSDPA+
バッテリー 650mAh
その他 microSDカード(最大32GB)
外形寸法 89(W) × 47(D) × 11.6(H) mm
本体重量 52g

※赤字がXperiaMiniを超えているスペックです。

ネット上ではいろいろな達人が情報を挙げているので私は独自の検証結果を載せていこうと思います。

良いところ

大きさ
脅威的な小ささです。XperiaMiniと比較しても恐るべき小ささです。

バッテリー
電池容量は650mhですが、あまり使わなければ2日持ちそうです。

電波
フォーマプラスエリアを利用可能です。

microsx240002

ストラップホール
海外端末には珍しくストラップホールがついています。小さすぎる端末だからこそ必要です。

悪いところ

Androidwear 
android携帯なので安心していましたが、ペアリングが切れた後から再認識ができなくなっています。検証スマートウォッチ(LG-W100)を使用。

普通のmicroUSBケーブルが使えない。
金属端子が通常より奥にある為、通常のmicroUSBではつながりません。一般的なケーブルは金属部分が5mmですがこいつは7mm必要です。

ケースがない
amazonでは液晶保護シートは売っていますが、ケースは売っていませんでした。またガラスの保護シートもありません。残念!

バッテリーの突然死?
バッテリーの残量がたくさんあっても、突然異常消費を起こし電池切れに・・・

通信速度
ステータスバーでは4Gという表記が出ますが、実質3Gです。

microsx240003

たまにLTEとスペックが間違って表記されているサイトがありますが4Gの表記が出る為に勘違いしているサイトがあるようです。接続速度から見て3G接続に間違いありません。

AnTuTuベンチマーク結果

microsx240004

スコアは8266と正直高くはありません。しかしこのサイズでこのスペックというのは   やはり唯一無二ではないかと思います。

補足

調査中ですがBluetoothのテザリングに問題がある可能性あり。一度設定しても簡単につながらないことがあるので・・・ これがAndroidWearの障害になっているのかもしれません。





↓にほんブログ村に参加中です。楽しんでいただけたらポチっとクリックをお願いします♪ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ SIMフリー端末・その他キャリアへ
にほんブログ村

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です