秋葉原に遊びに行こう!【格安版】

オタク モバイラーの聖地

秋葉原?

一度は行ってみたいという方もこのサイトの訪問者には多いのではないでしょうか?

しかし地方から秋葉原にいくには交通費、宿泊費という大きな壁が立ちふさがります。なぜ東京人はあんなにもアキバに近いのに行ったこともないという方がこんなに多いのか!というぐらい言ったことがないという方が多くおられます!

もったいない!

私も数年前まで高額な交通費、宿泊費を使って数年に一度、聖地巡礼をしていましたがここ一年ぐらいは二ヶ月に一度くらいのペースで遊びに行っています。

特に収入が増えたわけではありません。ちょっと工夫と勉強をするだけでかなり安く行けてしまいます。ただこの方法はある程度時間に余裕があり、お金を節約したいという方向けなので該当しないような高額所得者の方はこのページは飛ばして他の記事を読んでください。

高額所得者羨ましい…

格安秋葉原旅行について

旅行の出費とは三つの要素から成り立ちます

●交通費

●宿泊費

●食費

交通費編

まず交通費ですが、岡山から秋葉原だと新幹線の往復で約31,000円

ここがまず最安で往復5,620円ほどにすることができます。それは高速バスを利用する方法です。ここにスクリーンショットを載せますが、岡山⇒東京の最安価格は片道で2,810えんという驚異的な価格です。

高速バスドットコム

さらに詳細を出しますが、夜に出て東京に朝に着くという感じですね。行きに関しては仕事が終わってから乗れる人も多いのではないでしょうか。帰りに関しては翌日の朝に着くので時間に余裕がない方は新幹線の方がいいかもしれません。片道だけでもバスは利用できるのでそれだけでもかなりお得になります。

宿泊費編

宿泊で巣が事前に予約をしなかったとしても格安で泊まれる場所が秋葉原にはあります。

安心お宿

https://www.anshin-oyado.jp/akihabara/price.html

私もカプセルホテルは嫌いでしたがここへ泊って価値観が変わりました。カプセル内も広く無線LANも充実、中にはインターネットカフェのようなものまで完備されて

税込4,180円

チェックインも15時、チェックアウトも12時ということでゆっくりできます。連泊でも荷物を預けられるのでコインロッカー代も節約できます。

こっそり裏技編
どうしてもカプセルはインターネットいやだという人もいるかもしれません。そんな人は秋葉原から3駅ほど離れた鶯谷という駅に行ってみてください。ラブホテル街ですがホテルの乱立が激しい為に6,000円程度で奇麗なホテルに泊まれます。ラブホテルではありますが外出ができたり普通のホテルのように泊まれます。10,000円を超すようなホテルより奇麗で広いですし、ビジネスホテルのシングルと比べてもダントツです。さらに裏技ですが泊まろうと思うホテルが見つかったらホテルの名前とクーポンでググってみてください。値引きがあるところが多いです。6,200円⇒5,200円など結構大きな値引きもありますよ

食費

食費ですがケチろうと思えばファーストフードもあるので必要に応じて好みに応じてでいいのかなと思います。ただ旅行に来てここをケチると楽しくないと思うので私はおススメしません。「アキバの歩き方」を書こうと思うのでそちらでは安くておいしいアキバ飯を追求してみようと思います。

お金がないけど時間があるという方、時間はないけどお金を節約したいという人も多いと思います。ただ工夫をすれば秋葉原への旅行は意外と安く行けてしまいます。下手をすると岡山からちょっと香川へなんて感覚で行けるかもしれません

聖地アキハバラ。ここ数年で目まぐるしく変化が起きています。数年後にはさらに様変わりをしてしまうかもしれません。いつかいつかと思うならどうですか?

岡山←→東京 最安プラン2泊3日コース

交通費 行き 2,810円

宿泊費2日分 8,360円

交通費 帰り 2,810円

タイミングが合わないとここまでは安くならないかもしれませんが

総額13,890円で秋葉原まで移動して2日間、泊まれてしまいます。

※補足 これは高速バスが利用できる地域なら類似のプランが構築できますよ。

↓にほんブログ村に参加中です。楽しんでいただけたらポチっとクリックをお願いします♪ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ SIMフリー端末・その他キャリアへ
にほんブログ村

フォローお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

1 + eight =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください