GeminiPDAの正しい使い方とは。メイン敗北宣言

GeminiPDAをメイン端末として使おうと四苦八苦をしましたが

敗北宣言

をしました。これはGeminiPDAという端末を否定するわけでなく本来の正しい使い方をに立ち返ろうというものです。GeminiPDAに囚われて何でもかんでもコイツでやってしまおうというのが大きな間違いでした。適材適所がある中で無理やり使おうとして不満を持たれたらGEminiPDAもたまったものじゃないでしょうね。

コイツの良いところは適度なサイズで電池の持ちもよくカバンの片隅に入れておいても邪魔にならないことです。隙間時間で開、ぱっと開けばすぐに打ち込めるしAndroidということでアプリをいれて機能拡張も自在にできます。それを私は

液晶も見えないのに電話に使おうとしたり、カメラもないのに日常シーンでtwitter投稿に使おうとかGeminiPDAの悪いところを不満に思いながら使うところでした。自分の用途に合わせてメイン端末や周辺機器を組み合わせる。そんな初歩的なことすら忘れるぐらいコイツに背伸びをさせるとこでした。いい端末だからこそです。

コイツをメイン寄りのサブ機にしようというのなら

●JellyPro&GeminiPDA

超小型端末との組み合わせ

●もしくはXperiaのCompact系iPhoneSE系

Xperiaはワンセグ&オサイフがある全部入り

こんな感じで組み合わせるのが無難かもしれません。1台で完璧ではないから2台でお互いを補う。1台でほとんど全てこなせてしまう端末だと80%の満足はあっても100%はないと思うのですよね。人によって用途や目的が違うから神機と言われるものが出たとしてもアンチ勢力が湧いて出るんですよね。自分だけのOnlyOneを見つける、作るということは趣味とも言えるんじゃないかと思います。いきすぎると廃人だと思いますが。私も変わったこと無駄なことにチャレンジしてみたりするので興味がある方は過去の記事も読んでみていただければと思います。

↓↓昔話の駄文なので興味がない方は飛ばしてください↓↓

ここからは私の少し古い思い出話になるんですが、PDA時代からモバイルを使っている方は複数端末を組み合わせたり、意地になってでも、全てを1台で完結をする方法を探したりと楽しんでいた方が多かったです。私はモバイルに目覚めたのが少し遅くてW-ZERO3 とかDellのAximが発売されてWindowsMobile5が出たばかりでPDAとかPocketPCとかいわれるものの最盛期ぐらいです。当然モバイル機器にSIMなんてものがはいるわけもなく、また携帯電話の外部機器とつなげた場合のパケット料金に定額がないので学生が就職活動なんかで携帯をパソコンにつなげて通信をしてリアルパケ死というのが横行した時代でした。パケットの金額も1000万円を超える請求があったりなどネットでも話題になっていたのが記憶にあります。その時代で定額でつなげる方法といえば、今はなきPHSだけが外部機器との接続でも定額を提供していました。ただADSLがメインの時代にダイヤルアップと同じくらいの速度や電波が悪くつながらなかったり更に遅くなったりという代物なので苦労した記憶があります。研修で行った先の部屋で電波が届かずネットが使えなかったことなど日常茶飯事で今では考えられないほど不便な時代でした。

不便なことが多すぎるから自分で工夫する。先人が色々な情報をネットにアップしてくれていたので、それが手がかりでした。当時はブログというものが流行ってきた時期ですがアフィリエイトとかも、ほとんどない時代だったので本当に先輩方は無償で活動をされていた方が多かったのではないかと思います。Docomoが初代Xperiaを発売した頃ぐらいから広告収入で副業とかというのが一般的に流行ってきたんじゃないかと…まぁこれは私の記憶なので間違いだらけかもしれませんが。

当時からブログを続けられている大御所の方も多いですが、そのころから約15年間、毎日欠かさず巡回するサイトがあります。

伊藤浩一のWindows Phone応援団(旧W-ZERO3応援団)

あの頃はモバイルについてのブログがそこまで多くなかったこと、またその中でも新参のモバイルOSであるWindowsMobileは更に情報が少なく同じOSを使用したWillcom発売のW-ZERO3関連しか情報が集まらなかった時期でした。伊藤浩一さんは毎日記事を更新されるので毎日見るのが日課でした。更新されていなけば1時間後ぐらいに開いてみたり、追加で更新されているかもしれないとさらに1時間後に見てみたりホームページを巡回する習慣を覚えたのもこのサイトです。月日が変わりW-ZERO3がなくなり、WindowsMobileやwindowsPhoneが事実上なくなってもブログタイトルが少し変わっただけというのに寂しさと懐かしさを感じます。駄文が長くなりましたが、今回GeminiPDAに固執したおかげで原点に帰ることができました。さすが機種名にPDAがついているだけのことはあります(笑)

また実はこれを新幹線の中でGeminiPDAを使って打っていますが、このキーボードに慣れたのか一般的なキーボードと同じくらいの打鍵速度が出ています。モバイルの原点はないものねだりの工夫ですが、そこには使用者の熟練や修行、努力が加味されるのかもしれません。いま現状はブログの画像などはWindowsPCを使って作成していますがGeminiPDAを使う上で、それもAndroidを使いこなしてその作業も代替えできるようにすれば更に便利になり自由度が増します。当然CPUやメモリを死ぬほど食う仕事はできませんがその端末の性能の中ならできるということはできたほうがモバイルライフが進化しそうな気がします。

※いつか伊藤浩一さんとお会いする機会があればお酒でも飲みながらWindowsMobileの最盛期の頃についていろいろ聞いてみたいというのが今の私のモバイル活動の目標です。

モバイル生活としてはWindowsなしでAndroid(GeminiPDA)のみでブログなどのプライベートを完全にこなすのが最近の目標になりました。

この記事はGeminiPDAのみで作成しました。→ 覚え書きです。

↓にほんブログ村に参加中です。楽しんでいただけたらポチっとクリックをお願いします♪ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ SIMフリー端末・その他キャリアへ
にほんブログ村

フォローお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

thirteen − 7 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください