JellyProずっと使ってみて最近の近況レビュー

JellyProですが、実践的に使用し続けて約8ヶ月くらいになると思います。最初のうちはDMMモバイルの格安SIMを入れて利用していましたが最近は諸事情によりDocomoのカケホーダイライトプランにて運用しています。以前とは違いSIMフリーであってもSPモードでの接続やSPモードメールの利用もできるようになっています。最近のJellyProの大きな動向ですが

予備バッテリーの販売開始

Android8.1のアップデート開始

一次的にOTAでのアップデートはいったんストップしているようです。

8/9時点でアップデートが再開されました。

改善したこと

●電子マネー(Edy)を内蔵。意外と便利で財布の小銭が0になりました。
参考記事 電子マネーをJellyProに搭載する。

●純正ケースとコードリールタイプのネックストラップをつけました。
仕事中なら胸ポケットに入れることができて通話の時も首から外さすに通話やEdyのタッチでの決済が可能です。これは地味に便利です。

●Android8.1へのアップデートとPower save managerの有効化

Power save managerでスリープ時に特定のアプリをKillしない設定にしました。8.1にしたおかげもあるのかバッテリー消費が改善されています。そういえば8.1のアップ時に電池の最適化の文言があったと思います。 BattreyMixのキャプチャ画像です

約36時間使って残り37%です。

●Docomoメールの設定

Docomoメールですが今はSPモードの接続やIMAP4による送受信が可能です。私の場合はDocomoとDMMモバイルの2台持ちなので何気に便利です。

現状や今後について

●現状ではGPSの測位に関しては、少し難がある為に8.1での改善に期待

●バッテリー容量が950mAということで少し心もとなかったのと、充電回数によりバッテリーの劣化が心配だったがAmazonで予備バッテリーのみの販売が始まったので安心。

●当たり前ですがAmazonでの販売時に技適シールが貼られるようになったりすでに販売分に関してもソフト的に表示されるようになったので安心して使用できる。

●無線機器が増えてきた関係か2.4MHzでは電波干渉が増えてきているが、JellyProは5MHzでのテザリングも使えるので外出先でも安定した通信ができる。

●キータッチ精度が高いのでフリック入力にこだわらなくてもフルキーで入力もできます。

●ガラスの保護シートが出るのを期待していましたが、9Hの保護ガラス相当はあつてもガラスフィルムは出ていません。曲線などの問題なのかな?今後も期待できそうにないです。

最低限の機能を備えている、超小型スマホタイプなので機能を限定しての使用なら非常に快適です。最低限の機能の持ち出しとしてコイツを使いながらサブ端末を状況に応じて持ち出しなども非常に便利です。

↓にほんブログ村に参加中です。楽しんでいただけたらポチっとクリックをお願いします♪ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ SIMフリー端末・その他キャリアへ
にほんブログ村

フォローお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

six − four =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください