安くて速いインターネット光

インターネットはテレホーダイの時代から愛用をしていますが、やはりいつの時代も悩むのは値段と通信速度

お金を出せば快適な環境は手に入るかもしれませんが、インターネットの接続いわゆる通信費は月額固定で日々に支払いに大きな影響をあたえます

A社6,800円

B社4,800円

この場合は月の差額が2,000円なので 2,000円×12ヶ月 24,000円

1年で2万4000円というのは大きいと思います。しかも特に不便な思いもなくお金が節約できるのなら何の問題もありません。正直、家計の中で節約できるものとして通信費は金額も大きくまた、不便な思いをすることなく節約できるのです。必要なのは知ること調べて起くことです。それだけで大きく金額を節約できます。私もかなりのヘビーユーザーなので遅いのは許せませんが、会社選びと接続方法でと一般的な金額よりも安い値段で満足な通信環境を手に入れています。とりあえずまずは自分の支払っている金額を把握するところから始めてください。把握することから始めます。

➀一戸建てなのか集合住宅(マンション)なのかで大きく変わります。引っ越して値段が上がった!広告などと比べて値段が違った!騙された!なんてのはここのところが大きいです。 設備などの問題で 一戸建てのほうがマンションより料金は高いです!

チラシや広告などに大きく光回線月額3,600円と書かれていても一戸建ての場合は4,800円など補足で書かれていると思います。安い値段で目を引いているのです。

私が今契約してるのは



DMM光というところです。

一戸建てのプランで使い放題の場合は

DMM光ファミリータイプ(プロバイダ込)\4,820円

一戸建てのプランで使い放題の場合は

DMM光マンションタイプ(プロバイダ込)\3,780円

※補足
フレッツ光(東日本)の場合、ファミリータイプとプロバイダ(OCN)を合計した月額は、6,800円です。(NTT割引プラン適用なし・オプション別)

速度に関してですが最近は光回線でも早い遅いといわれるようになってきました。正直DMM光も夜間に遅いといわれるときもありましたが実はDMM光はV6プラスという接続方式に 対応しています。従来のPPPoE接続と比べてダイレクトにつながるので混雑しやすい夜間でもスピードが出やすくなっています。

V6プラス接続方式に関して

メリット

回線が安定して高速なアクセスが可能

IDやパスワードがいらないので従来型のPPPoE接続で使用されていた通信設備(認証サーバーなど)を経由する必要がありません。込み合うところを回避して接続できます。個人的な 主観では一般道がPPPoE接続でV6プラスは高速道路というイメージを持っています。

値段が安い

上にも書いていますが一般的な通信業者に比べても安くDMM光だとV6プラスの使用に追加料金はかかりません。別料金を必要とする通信業者もあります。

デメリット

V6プラス対応の機器が必要

対応機器は増えていますし、値段もそこまで高くないので月々のルーターをレンタルするよりも高性能かつ2年ぐらいで、投資分のもとが取れて結果的に安くなります。そしてその機器は自分のものになるので今後も使いうづけることができます。

これはDMM光で動作確認済みのV6プラス対応ルーターです。同じような型式で安いのもありますが先頭の型番がWXRではなくWSRだったりするはずなので注意してください。

特定ポートや固定ポートが使えない場合がある

よくいわれるのがVPNが使えないなどというものがあります。この用語が分からない方にはあまり関係がないかもしれません。これも回避する方法もあります。

DMM光より「v6プラス」の注意点

「v6プラス」では以下の一部ご利用できないサービスがございます。

固定IPサービス

  • 特定のプロトコル(PPTP、SCTP)を利用するサービス
  • 特定ポートを使用するサービス(一部オンラインゲームなど)
  • IPv4グローバルアドレスを共有するネットワークでは利用できないサービス
  • ご自宅から外部へのサーバー公開サービス

速度に関して

私も契約当初はPPPoE接続を利用していた為に夜間やお盆などの期間に速度に関して不満を感じる時もありましたがV6プラスの接続方式に変えてから以前\7,000前後の料金を払っていた業者と比べても全く不満もなく、むしろ早いと感じるくらいです。ただしV6プラス接続をした場合です。個人の地域によって差はあると思いますが、私の環境ではこれだけの速度が出ています。

これはお盆期間中の日中の速度です。GoogleのSpeedtestで計測しています。最近は詐欺もどきの通信業者があふれている現状ですが、本当にコストダウンと性能を求めるならばある程度自分で情報を集めるしかありません。

インターネット回線悪質勧誘に注意!本当に悪質!

この記事を以前に書きましたが工夫すれば本当に安くなる通信費だからこそこういった業者がはびこるんだと思います。実際にこんな業者と契約しても値段が下がることはほとんどありません。

追加の話

DMM光ですが実は割引があります。DMMモバイルと契約している場合は、DMMモバイルから500円セット割引というものがあります。もうひとつ契約して500円?といわれるかもしれませんが下の表を見てください。



通話対応プランはやはり音声通話分で金額が800円ほど上がりますが、データSIMプランというものがあります。これは1GBで480円です。これをサブ端末のSIMに使用するという方法もありますし100円程度で050番号を付与するサービスも別会社であります。つまり子供への連絡用としてほぼ費用負担なしで音声電話の出来る電話をGETすることができます。050番号の発信は有料になりますが着信は無料ですし家族の誰かが同じ会社で050番号を契約すれば050間の通話料金が無料になるところも多いです。場合によってはLINEをいれて無料通話やメッセージのやり取りなんでのもできます。これだけ見ても大きくコストダウンできる方もいます。本当に工夫次第で不便さを感じずにコストダウンできるのが通信費なのです。

↓にほんブログ村に参加中です。楽しんでいただけたらポチっとクリックをお願いします♪ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ SIMフリー端末・その他キャリアへ
にほんブログ村

フォローお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

5 + 13 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください