最小限のモバイルで旅に出た!➀

4泊5日の旅行に行くことになったんですが

「最小モバイルで旅に出るぞ!」

どんどん肥大化するモバイル機器類をあえて最小限にして旅に出てみました。

条件は旅行中も仕事が支障なくできること

旅の目的地は秋葉原、厳選して持って出たのは

●JellyPro(Android8.1)

●GeminiPDA

●Bluetoothマウス

●充電ケーブルTYPE-Bと先をTYPE-Cに変えるアダプタ

●USBアダプタ

結構あるように見えますがアクセサリも含んでいるので最小限だとは思う…

今回はスマートウォッチもおいてきました。Jellyを首に下げているので充電器が荷物になることを考えると置いてきました。せめてMicroUSBから直接充電できれば持っていったんですがMOTO360なので専用充電器が必要だったので…

またGeminiPDAをメインに使われている方ならわかると思いますが、作業中に電話がかかってくると意外とウザい。作業も中断することになるし資料を見ながら話をすることもできない。そのためれ故に通話用と通知の受け取りという目的に為にJellyProを持ち歩いている。病的にGeminiPDAの1台持ちに拘る人もいるが本当に一台で不満なく完結しているのか疑問である。

マウスに関してですがGeminiPDAを使う以上、Bluetoothキーボードとの干渉(チャタリング)を気にしなくて良いので好きな小型マウスが使用できます。

充電ケーブルの先を変えるだけでJellyにもGeminiにも対応することができます。短いタイプのストラップ型なので邪魔にはなりません。
USBのコンセントですがm持ち歩くケーブルが一本な以上、一口タイプの小型なものが使えます。ただ出力は2.4Aは必須です。

今回、WindowsPCもモバイルバッテリーも持ち出しませんでした。Windowsに関しては少し前からRTX1200を利用してVPNをはっているので簡単な作業ならリモートで作業ができます。バッテリーに関しては最近はあちこちで充電できる環境やスポットがあるのでそこを利用することに決めました。これに関してはどうしても駄目なら、「購入してしまえ」という気持ちもあります。

これは秋葉原ドン・キホーテ裏のタリーズコーヒーでブログを書いています。ここはコンセントもあるのでコーヒーを飲みながらバッテリーも気にせず作業ができます。マウスがモバイルサイズではないので非常に大きく見えます。

少し前までリモート環境でのレスポンスやトラブル時の対応について懐疑的だったんですが昔に比べて通信環境もデバイスの性能も良くなり非常に快適になっています。問題はリモート先のPCのトラブル時には何もできないという問題はありますが今のところはトラブルは起きていないんでこのまましばらく使って見る予定です。Gemini単体で動くWindowsはスッキリしていて本当にWindowsが動いているかのようです。

自宅の環境整備を進めないといけないですが。現状でDMM光でV6&PPPoE接続からのVPN。そしてAndroid端末を利用してのDDNS更新は現時点で問題なく動いています。リモートに使うPCをサブでもう一台用意しておけばトラブル時にも少しだけですが安心感が増します。回線自体が落ちてしまえば無意味なんですが、できることでの転ばぬ先の杖です。

余談ですが、RTX1200は10年近く前の型落ちとはいえ、元値が高いだけのことはあります。IPsecへの対応もありiPadでもVPN接続もできます。YAMAHAのルーターは独自のDDNSが無料で使えるはずなんですがまだその設定にまでは至っていません。現状はVPNぐらいしか使っておらずもったいないので、他の機能も一つづつ覚えていきまます。

#jellypro
#geminipda
#VPN
#リモートデスクトップ

↓にほんブログ村に参加中です。楽しんでいただけたらポチっとクリックをお願いします♪ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ SIMフリー端末・その他キャリアへ
にほんブログ村

フォローお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

19 + 4 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください