最小限のモバイルで旅に出た②(反省編)

今回の一番の反省ですが

モバイラーには大容量モバイルバッテリーは必須でした。

隙間時間にちょこちょこ触ったりしていると地味に消耗をしてバッテリーの残を気にすることになるので、やはり旅行には大容量モバイルバッテリーは必須です。

また今回は

JellyProGeminiPDA

という組み合わせでしたが、VPNのからのMicrosoft製のリモートデスクトップを利用する場合はGeminiPDAよりもm z-01kのほうが表示領域をうまく使い液晶も広く使えるのでWindowsの使用頻度が高い場合はm z-01kとBluetoothキーボードの組み合わせのほうが使いやすいです。ただ荷物が増えるので最小モバイルから少し離れるような気がしますが自分の実用性が上がるのであればアリかなと思います。

今回、秋葉原をブラブラしながら心の琴線に触れるものがありました。TYPE-BとTYPE-Cの 両方で使えるマグネットケーブル

使ってみて驚いたマグネット充電端子の便利さ!

今まではマグネットタイプに替える充電端子なんてものに興味はなかったんですが店頭でコイツを眺めている時にあることに気づきました。


「コイツがあれば充電端子を統一できるんじゃね!」

TYPE-B端子だけの場合はあまりメリットを感じなかったんですがTYPE-Cが出回り手持ちの端末が混在している場合はコイツを端末側に装着しておくだけで共通のケーブルを持ち歩くだけですみます。そして充電端子を刺し直す必要もないので端子の傷みを気にする必要もなくなります。ただ注意点としては

●充電だけでデータ通信には対応していないものが多いので、データ送信を多用する端末の場合は確認して購入したほうがいいです。つけ外しが頻繁だと壊れそうで本末転倒

●カバンの中での充電が多い方にもおすすめできません。マグネットなので揺れたりシェイクされると端子がずれて充電できていないことがあります。

しかしそれを考えたとしても

充電端子を統一できて、マグネットで簡単に充電を始められる

という利点には変えられないぐらい楽チンです。最近の購入物の中でも当たり商品です。

意外と良かったのがJellyProでYouTubeを流しながらブログを書いていたんですがパケットも以外に減っていませんJellyProが低解像度だから通信量が少ないのかな…意外とYoutubeを流しながらブログを書くと筆が進むんですよねぇ…

それにしても本当にモバイルってのは奥が深い。使用用途に応じてベストな機器も変わるし、自宅の環境を工夫してもベストな機器が変わる。あれもこれもと欲張るとモバイル機器もモバイルといえないサイズや重量になってしまいます。

理想を言えば小さなカバンひとつで全ての仕事が完結できるようなスタイルが理想です。  モバイル機器のnano化ともいうべき小型化を今後考えていこうと思います。

関連リンク

最小限のモバイルで旅に出た!➀

#モバイル
#旅行
#モバイラー

↓にほんブログ村に参加中です。楽しんでいただけたらポチっとクリックをお願いします♪ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ SIMフリー端末・その他キャリアへ
にほんブログ村

フォローお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

five − 4 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください